急に転勤が決まるなどして、すぐに転居の準備をはじめなければいけなくなる人は少なくありません。今まさにその状態という人もいるでしょうが、なにから手を着ければいいのかわからずパニックになりそうになる人もいます。

まず、現状で生活しているのが賃貸物件の場合、解約の連絡を管理会社にする必要があります。連絡をするのが遅くなると、余計な家賃の支払いが発生することになりかねません。

解約の連絡と同時にスタートしたいのが、転居先探しです。寮や社宅があって必要ない人もいるでしょうが、新居探しが必要な人は家賃、間取り、設備、周辺環境など、新居に求める条件を優先順位を付けてリストアップし、不動産情報サイトで探しましょう。上手く探せない場合には、優先順位の低い条件などを妥協してみると、これまで検索でヒットしなかった物件が出てくる可能性があります。希望の条件に合う物件を絞り込んだら、ほかの人が成約してしまう前に早く見学、契約を完了させることが大切です。

そのほか、解約連絡や転居先探しと同時にしたいのは、引越しの荷造りです。荷物量が多いなどの理由で自力での引越しが厳しい人は、早めに引越し業者の目星をつけて、転居先が決まると同時に正式に依頼できるようになっているのが理想的です。

当サイトでは、引越し業者の探し方や上手く探せない場合にどうすれば良いのかを解説します。急な引越しをスムーズにしたいと思っている人にとって有益な情報ですので、ぜひチェックしてみてください。